仮想通貨 買い方 売り方


仮想通貨と私?投資対象としてだけでなく、将来の暮らしを変えうる存在

私は現在20代後半で、最近脱サラし、今はオーストラリアで暮らしています。
仮想通貨の取引は会社を辞める直前の今年の9月頃から始め、ビットコインやイーサリアム等、合計7種類の通貨を所有しております。投資を始めてから現在まで約3ヶ月がだったところですが、既に投資金額の倍以上まで資産価格が上がりました。
私の投資戦略としては、まず第一に長期保有前提であること。売買を繰り返したり、FXでレバを高める、ショートポジションを取りに行くなど、収益をあげる機会はいくらでもあると思いますが、こういった収益行動はその反面で大きな損失を生む可能性もあります。常にパソコンの前でトレードできるわけでもなく、将来が予測できるほど精通してるわけでもないので、私はこの長期保有の姿勢を維持しております。
二つ目の投資戦略としては、どぶに捨てられる金額までしか投資をしないです。今年一年のビットコインの値動きを見てわかるように、その乱高下は凄まじいものがあります。他の仮想通貨でも同様の動きはあり、仮想通貨への投資が非常にハイリスク・ハイリターンであることがわかります。また、その特徴たる分散型ネットワークを基盤としているために、中央集権型のような信用を保証する存在がいないこともまたハイリスクの要因の一つだと考えております。だからこそ、いつ0になってもいい金額だけを投資することにしております。多額の資金をかければその分大きな利益を上げられますが、反面破滅につながります。リスクを見つつ、リターンを求めるにはこの姿勢が1番だと個人的に考えております。
このような投資戦略を持っておりますが、私が仮想通貨に思うこととしては、その投機性以上にブロックチェーンなどの基盤技術が私たちの生活を変えうる存在であるということです。ビットコインから生まれたブロックチェーン技術ですが、現在は多様な改良が施されており、XRPによる国際送金の簡易化、低コスト化やIOTAのようなIOT時代の利便性を高めうる技術など、実生活への影響は今後、どんどん出てくると考えています。
私は今年仮想通貨取引を始めた初心者ではありますが、仮想通貨とブロックチェーンにはかなりワクワクしますので、今後も継続的に価格だけでなく、技術的側面や今後の生活への影響などを勉強していきたいと考えております。